Push: Ctrl+Y

 技術で遊んで ときどき進む

「つくってみた」 一覧

Kotlin × ゲームAI(ステート駆動エージェント)③:複数キャラの通信

ステート駆動エージェントの最後の回として、複数キャラでイベントをやり取りする部分 ...

Kotlin × ゲームAI(ステート駆動エージェント)②:グローバルステート

前回は「獲物を発見したら焼く」とか「焼き終わったら食べる」とか、特定の状態からの ...

Kotlin × ゲームAI(ステート駆動エージェント)①:最初の一歩

というわけで、ゲームAIプログラミング編に突入します!こんにちはー。 ディープラ ...

ReactMotionでスライムを動かす話

ReactMotionは簡単に画面に動作をつけられるモジュールです。 前回(『R ...

React + Redux + D3.js アニメーション:ドラッグ&ドロップでキングスライムを作った

はい、今回は要素のドラッグ&ドロップを中心に作ってみました。 Mater ...